足跡機能がないタップル誕生でアピールする方法を解説!

恋活・婚活中の皆さま

こんにちは、balloon編集部のLeonです。

 

マッチングアプリを使っていると気になるのが

自分のプロフィール、見られてるのかな?

ですよね。

 

誰にも見られてないと悲しいですし、そもそもマッチしないですもんね。

今回紹介するタップル誕生は「足跡機能」がありません。

誰があなたを見ているのか確認することができないのでわかりません。

 

今回はそんな「足跡機能」がないタップル誕生で、

相手にアピールするコツをご紹介したいと思います!

 

タップル誕生(tapple)とは?

 

タップル誕生(tapple)は、趣味カテゴリなど通して気軽に出会うことができるマッチングサービスです。

Amebaブログや、AbemaTV運営のサイバーエージェントグループが運営しています。

 

毎日4,500人が登録しており、累計マッチング数は2,500万組を突破してるそう。

2,500万組って何が起きてるのか…凄すぎません?

またAneCanやCLASSY.などの有名メディアでも取り上げられたり、AmebaTVでアプリを使った番組が放送されるなど

カジュアルな操作と当日食事に誘える「おでかけ機能」などで、若者の利用者が多いみたいです。

足跡機能とは?

タップル誕生には「足跡機能」はありませんが、

ここで「足跡機能」をよく知らない方向けに、どんな機能なのか説明します。

 

「足跡機能」の「足跡」とは自分のプロフィールに異性の相手が覗いたという意味です。

そのため足跡機能があると、誰があなたのプロフィールを覗いたかわかります。

 

「足跡機能」があるマッチングアプリでは、

足跡機能を上手く活用して、出会いのきっかけにしてる人もいます。

 

足跡のメリット

 

足跡機能の良いところは2点あります。

まず「自分のことを気になってる異性が誰なのか」わかることです。

 

例えるなら同じ学校のクラスで自分のことを気になってる子がわかるということです。

これ結構凄いことではないでしょうか!もし自分が気になってる子だったら嬉しいですよね。

もちろんマッチングアプリなので、もっとカジュアルにどんな人か見てみよう、くらいの気持ちかもしれません。

 

しかし足跡は更新されるため、何度も足跡で表示される子は、自分のことを気になってる可能性は高いでしょう。

この機能があれば、奥手の人でも安心してアプローチしやすいでしょう。

 

もう一つは「自分がその異性を気になってることを気づいてもらえる」ことです。

気になってる相手のプロフィールを覗けば、相手の足跡に表示されるようになるので、

相手は、自分がその人を気になってることを気づいてもらえます。

 

前述したように、定期的に気になる相手のプロフィールを覗きに行けば

相手が自分に興味を持ってもらえる可能性は高まるでしょう。

特に「いいね数」に限りがあるマッチングアプリであれば、「いいね」を消費せずに相手にアプローチすることができます。

 

足跡のデメリット

足跡機能と言えども、使いにくい点もあります。

例えば相手に気になってることを示すために、足跡機能を活用してる人にとっては、

特に気にしてない相手に対して、うっかりプロフィールを閲覧することで誤解されるかもしれません。

 

また相手を確認するためにプロフィールを見たら、実は知り合いの人で、

マッチングアプリをやってることが気づかれてしまうということもありそうです。

相手がどう見るか気になる人は、足跡機能が逆にストレスになってしまうかもしれませんね。

タップル誕生には足跡機能がない!

 

さてここまで「足跡機能」について説明してきましたが、

前述の通り、タップル誕生には足跡機能がありません

 

つまり今まで紹介した相手のプロフィールを何度も覗いてアピールするなどの方法は使えません。

そもそもタップル誕生では、相手の条件を絞って検索して、プロフィールを探すなどの使い方ができません。

タップル誕生の特徴的に、足跡機能がそぐわないのかもしれませんね。

 

なぜタップル誕生は足跡がないのか?

 

タップル誕生では「いいかも!」「イマイチ…」のフリック操作で相手を振り分けます。

また「おでかけ機能」は当日一緒に食事できる人を探したりでき、

タップル誕生はどちらかというとスピード重視のマッチングアプリのようです。

 

タップル誕生の特徴である、相手にじっくりアプローチしたり気づいてもらえるように動く

「足跡機能」は、タップル誕生のスピード感、カジュアルな雰囲気とは異なるのでしょう

タップル誕生は「直感で選んですぐ会おう」というタイプにおすすめということですね。

 

足跡がないタップル誕生でアピールする方法

 

前述のように、タップル誕生には足跡機能がありません。

しかし足跡機能が無くても、タップル誕生で相手にアピールすることは可能です。

タップル誕生でどこに気をつければ、上手くアピールできるか説明していきたいと思います。

プロフィール写真に力を入れる

 

どのマッチングアプリにも共通しますが、異性の相手をスワイプする際、

最初に表示されるのは「プロフィール写真」です。

 

心理学用語で「初頭効果」という言葉があり、第一印象は簡単には変えられない意味です。

つまり第一印象が良ければ、プロフィールの文章が少し合わなくても良い印象を持ってもらいやすいのです。

 

そのため第一印象を決定するプロフィール写真に力を入れるべきです。

プロフィール写真の撮り方や注意点については詳しくはこちらの記事を是非ご覧下さい!

 

アピールポイントの設定

 

アピールポイントとはマイページの下で設定できる簡単な自己アピール欄みたいなものです。

画像にある「オシャレなランチデート連れて行きます!」などの定型文を設定して、

自分がどんな相手かをアピールすることができます。

 

アピールポイントは、相手が色んなカテゴリを通じてスワイプするときに

見やすい場所に表示されるので、自分なりにとっておきの自己アピールを設定しましょう!

コツは自分のタイプの人だったら、どうしてもらいたいか考えることです。

 

足跡機能がついているマッチングアプリを使い人はこれ!

 

もしかしたら自分は「足跡機能」がある方が向いてるかも!と思った方向けに

足跡機能」のある代表的なマッチングアプリをご紹介します。

ペアーズ(Pairs)

 

ペアーズ(Pairs)は、800万人が利用する国内最大級の恋愛・婚活マッチングアプリです。

何より利用者が多いので、自分のタイプの人を探したり沢山の人を探したい人に向いています。

ペアーズでは、足跡機能が使うことができ、このように自分のプロフィールを閲覧した相手を知ることができます。

ペアーズについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧下さい。

 

【Balloon】出会いや婚活を成功させるマッチングアプリの攻略法を紹介
https://ballooon.media/957/

with(ウィズ)

 

with(ウィズ)は、メンタリストで知られるDaiGoが監修を務める性格診断型マッチングサービスです。

占いや性格重視の人にぴったりのマッチングサービスだと思います。

with(ウィズ)にも足跡機能があり、自分のプロフィールを確認した相手を確認することができます。

with(ウィズ)について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてはいかがでしょうか?

 

【Balloon】出会いや婚活を成功させるマッチングアプリの攻略法を紹介
https://ballooon.media/360/

イヴイヴ(イブイブ)

 

完全審査制が特徴のマッチングアプリ「イヴイヴ」にも足跡を表示してくれる機能があります。

審査制のため、質の良いユーザーを求めている人は特にオススメです。

イヴイヴの使い方についてはこの記事で詳しく解説されてますよ!こちらも是非ご覧下さい!

 

足跡機能がないタップル誕生でアピールする方法を解説!まとめ

 

「足跡機能」について振り返ってみましょう。

足跡機能とは、マッチングアプリで相手のユーザーが自分のプロフィールを閲覧した記録を確認できるものです。

 

タップル誕生では足跡を見る機能はありませんが、

それはタップル誕生を、カジュアルに出会いを求めている人が利用しており、

スワイプ機能やおでかけ機能によりスピード感ある出会いを実現しようとしているからです。

足跡機能は、どんな相手がいるのか吟味するようなサービスに向いています。

 

そんな足跡機能がないタップル誕生でも、

第一印象が大事なプロフィール写真と、アピールポイントの設定を工夫すること

相手にアピールすることができるでしょう。

 

また足跡機能を使いたい人は、ペアーズ(Pairs)、with(ウィズ)、イヴイヴなどの

マッチングアプリを利用するのがオススメですので参考にしてみてください!

 

タップル誕生、もしも足跡機能が使いたければその他のマッチングアプリで

良い出会いができること願っております!!

タップル誕生とは

サイバーエージェントグループ運営の「趣味」をコンセプトにしたマッチングアプリです。メイン層は10代後半〜20代前半とかなり若め。マッチングしたらすぐに会う約束ができる「おでかけ機能」があるのが特徴的です。カジュアルに出会えるアプリとして若者や恋活してる人向け。 b-tapple