dine(ダイン)はメールが必要!?出会えるメッセージの送り方を紹介

 

 

 

突然ですが、

マッチングアプリってメッセージ送るの凄い面倒くさいですよね?

そんな皆の意見を反映したのが新しいマッチングアプリdine(ダイン)です。ダインはメッセージを送らなくてもデートに行けるという画期的な発想のもとに作られたんです。

 

「本当にメッセージを送らなくてもデートに行けるのか?」

 

マッチングアプリを使ったことがある人なら、なおさらそんな疑問を持ちますよね?

 

今回はみんなのそんな疑問を解決していきたいと思いまます。

 

 

 

デーティングアプリdine(ダイン)

 

dine(ダイン)とはデートにコミットするをコンセプトに作られた新しいマッチングアプリです。

 

今までなら何回もメールを送って仲良くなってからデートするという流れでしたが、dine(ダイン)の場合は「デートしませんか?」と相手にリクエストを送ってマッチングしてからメールをします。

 

つまり、マッチング=デートしてもOKということです。デートまでが本当にスムーズなんです。

 

「100回のメールよりも一回のデート」を目指して作られただけあって簡単にデートに行けます。

 

手軽にデートに行けることから、忙しい大人の人たちの間で少しづつ人気が出てきているマッチングアプリです。

 

メッセージが要らないはウソ!本当は必要だった。

 

dine(ダイン)でのデートまでの流れは、①リクエスト→②マッチング→③日程調整→④メール→⑤デートという流れです。

 

相手が行きたがっているレストラン候補の中から、一つをリクエストして、相手がその誘いに合意してくれれば、そのままデートの日程を調整します。そしてメールなどで細かい時間や集合場所を決める、といった具合です。

 

下の候補から画像をフリックするとリクエストが送れます。

 

マッチングするといきなりメールは送れません。下のようにまずは日程調整をしなければいけません。

 

その後メッセージでのやり取りができます。

 

 

デートの約束が一通り終わってからじゃないとメッセージは送ることができないのです。

そのため、メールはデート当日会うための連絡手段としてしか使いません。

 

これでデートに行ければ、本当にメッセージなんて必要ないです。

 

ですが!

本当にメッセージがいらないのかというと、実はそうとも言い切れません。

 

男性と女性では、それぞれメッセージが必要なケースが異なります。

 

メッセージが必要な場合:男性

dine(ダイン)ではプロフィールを見るだけで、その相手がご飯を奢ってくれる意志があるかどうかがわかる仕組みになっています。

 

どうせならご飯を奢ってくれる男性の方がいいですよね。

奢ってくれる男性はモテるのです。

 

「僕奢りますよ!」と宣言している紳士な男性がいる中で、奢ってくれなるかわからない男性がデートまでたどり着く事ができるでしょうか。

高身長、高学歴、高収入といった三高の男性ならデートできるでしょう。

 

しかし平凡な男性ならまず難しいです。デートの日程すら合わせてくれない可能性があります。

他の魅力やメッセージといったコミュニケーションでその差を埋めなければなりません。

 

当然といえば当然ですよね…

 

マッチングアプリにおいては女性のほとんどが男性から多くモテていて、あなたの他にも高級レストランの食事を奢ってくれる人など、ライバルが多く、好みの女性とマッチングするにはライバルに勝たなければいけません。

 

dineにおいて「僕奢りますよ!」と宣言していない男性、奢れるけど高いところには行けない男性は他の魅力で攻めるしかないんです。

そんな時に「dine(ダイン)はメッセージしなくてもいいから」と、かまけていればお付き合いどころか、いつになってもデートすら行けません。

 

アプリ内で奢ると選択していない男性は、メッセージで相手にアピールをしましょう。

 

メッセージが必要な場合:女性

 

相手がハイスペックな男性の場合は、必然的にライバルがたくさん現れます。

先ほど述べたように、ほとんどの女性は基本的にダインでは奢られるポジションにあります。

 

しかし女性もハイスペックな男性を狙ってるのであれば、いつまでも受け身のままではいけないんです。

 

少し考えてみましょう。

アプローチする側は相手に行きたいお店のリクエストを送りますよね?そうすると、リクエストを送る側はいつになっても自分の行きたいお店に行くことができません。

 

マッチングした後にメールで「私が行きたいお店よりも○○さんの行きたいお店のほうがいいなー」なんて予定を変更した日には天使かと間違われてしまうかもしれません。

 

女性も「この人素敵だな」と思った男性はしっかりと捕まえておきましょう。リクエストを受けているのは自分だけではないということを忘れないてはいけません!

 

結局メール必要じゃん

そうなんです。メールは必要なんです。

 

メールのやり取りとデートの日程調整を逆にした、というだけであって、結局dine(ダイン)でも集合場所など細かいことを決めるために最後はメールしなくてはいけません。

 

そこも踏まえ、男性の場合も女性の場合も、しっかりと相手を捕まえるためにメールはした方がよいと思います。

 

 

マッチング率が上がるメールのコツ

 

女性の場合、正直変なコトを書かない限りどんな内容のメッセージでも大丈夫です。返信することが一番大事だと思います。なのでここでは男性の方だけを取り扱います。

 

女性はマッチングアプリ内なら女性というだけで凄くチヤホヤされます。魅力的じゃない人でも多くの男性からアプローチを受けるんです。

 

そんなモテモテ女性に対して業務メールのようなメッセージを送ってないですか?

 

もしそんなメールを送った日にはだいたい返信なんて帰ってきません。メールを送るときは以下に気を付けましょう

 

メールの中で相手のプロフィール情報について言及する

 

彼女たちの頭の中では、自分のプロフィールに触れない人=いい加減な人です。

 

単純にプロフィールを読まない人から誠意を感じますか?

 

感じませんよね。誰にでも声かけてるんでしょ?と思われてもしょうがないです。

 

不誠実な人はどこに行っても信じられません。信頼は人間の心理的にとても大事ですよ!

 

もっと言ってしまえば、プロフィールについて触れないことは「顔だけで選んだよ」ということと同義です。

 

女性はしっかり自分の中身を見て欲しいと思っています。

マッチングアプリでいう中身はプロフィールなんです。

 

一生懸命プロフィールを埋めている女性にはしっかりと趣味などに触れてあげましょう。

 

 

共通点をアピールする

 

今までは交友があまりなかった人と趣味が一緒だったというだけで距離が縮まった経験はありませんか?

 

それは単純に話が弾むということもありますが、人間は心理的に自分と似ているもの、同じようなものを好きになるという特徴があるからです。

 

共通点から共感が生まれ、共鳴することができるのです。そうなったら既に相手の懐の中です。

 

他人から仲間に変わるのです。なので嘘でも共通点を持ちましょう!

 

それくらい共通点の存在は大きいです。

 

文章は長くする

 

文章は長い方が真剣さが伝わりますよね。ここで自分の誠意をアピールできます。

 

それだけではありません。文章が長い=情報量が多いです。

 

情報量が多ければ話題が生まれやすいですよね。文章は頑張って書きましょう(笑)

 

 

丁寧にしても堅すぎる文章にしない

 

女性は社会性が強いことからモラルを大事にします。モラルのない人はモテません。

 

しかしいつまでも相手の顔色を伺っていては距離を近ずけることができません。

そういった意味で堅い人というイメージはつけない方が無難です。

 

丁寧すぎない程度に敬語は使いましょう!

 

極力褒める

 

褒められて嬉しくない女性はいません。

褒めすぎて悪いことはないので、少しやりすぎるくらいの方がいいでしょう。

「いやいや、いつも褒めてるけど、好感触ない。」という方は、おそらく褒め方に問題があるのでしょう。

 

「今日も可愛いね。」なんて言ってしまったら、

「この人私のどこみて言ってんの?誰にでもいう人なんだ~。」なんて思われること間違いないです。

褒めるときはきちんと相手に会った言葉で、「今日いつもと雰囲気違うね。可愛い!」などど、普段もみてるよという思いも伝わる言葉を選びましょう。

 

 

以上に気を付けていれば基本的に大丈夫です。

 

飯目女性を狙えばメール要らない!?

 

プロフィール情報を見てメールが送れれば問題ありませんが、dine(ダイン)には写真はたくさん載せていても、プロフィールをきちんと埋めていない女性がとても多いんです。

 

実はdine(ダイン)では高級レストランの食事を目当てにデートをする女性が増え初め、奢ってもらって逃げるというタダ食いが横行し初めています。

 

こういった高級料理を奢ってもらうためにdine(ダイン)に登録してる女性は飯目女性と言われています。

 

飯目女性なんかは真剣にお付き合いしたいわけではないので、プロフィール情報を埋めてないイメージを持ちますよね?

 

ここで注意したいのは、プロフィールを埋めていない=飯目女性ではないということです。

 

中には何を書いていいかわからない人や、そもそもプロフィールを埋めるのがめんどくさい人もたくさんいます。

 

プロフィールを埋めていないからという理由で、飯目女性と決めつけ手を抜くのはもったいないです。

 

飯目女性もしっかりとプロフィールを埋めている場合もあれば、埋めていない場合もあるわけです。

 

現段階では見分けるのは少し困難です。

一つの判断基準として、料金の高い店しか候補に入れていない女性は飯目女性の可能性が高いです。

 

男性からしたらお金だけ使わされる、言ってしまえばただの害虫のような飯目女性。

 

そんな飯目女性でも男性が魅力的ならお付き合いできる可能性があります。

高級料理を奢ってくれてしかも超ジェントルマン…そんな男性に言い寄られたら恋に落ちる気がしませんか?

 

生理的に無理と言われればそれまでですが、飯目女性はの場合、高級レストランに誘えばデートできると思います。

 

飯目女性はデートまでの流れが少ないので、ほとんど本番勝負になります。

そこで自分の魅力を最大限引き出さなければいけないのでハードルは高いです。

メールをするのが面倒で、一度会えば女性を落とすことができる自信のある方はあえて飯目女性を狙うのも手段です。

 

つまり、飯目女性はデートが目的なので約束がたてられたら、メッセージは必要ないということ。

 

まとめ

 

いかがでしょうか?

 

ダインはメッセージが必要ないわけではないんです。

 

従来のマッチングアプリの手順を変えただけで結局はメッセージが必要なんです。そもそもメッセージを送らないでデートするなんて普通に考えてありえません。

 

ですがダイン特有の飯目女性ならメールをせずにデートができる可能性もあります。忙しい人はあえて飯目女性を狙うのも一つの手です。

 

この記事の内容を踏まえてたくさんデートしてください!

 

 

 

dineとは

「デートにコミットする」がコンセプトのマッチングアプリです。マッチングアプリではたくさんの人とメッセージし合って、気の合う相手を探すことが多いですが、Dineではマッチングしたらデートを設定していきます。編集部がおすすめのデート先を紹介してくれるため、実際に出会ってからスムーズにデートを設定することができます。