with(ウィズ)の足跡は残す?残さない?足跡の確認方法から消す方法まで

メンタリストDAiGOが監修したマッチングアプリとして話題になったwith。

 

そのキャッチフレーズは「運命よりも、確実な出会いを。」

性格診断や趣味などの共通点から心理学を用いて出会いの確実性を高めていくマッチングアプリとして一躍人気アプリに登り詰めました。

 

しかしwithを使っているうちに気になることがあると思います。

「足跡をつけてくるだけの人ってどういう考えなんだろう」

「足跡つけすぎて気持ち悪がられてないかな・・・」

 

そんな疑問にお応えすべく、withの足あと機能とその使いこなし方を徹底解説していきます!!

 

 

そもそもマッチングアプリwith(ウィズ)の足跡ってなに?

 

 

 

足跡機能とは誰かが自分のプロフィールページを見に来た際に残る記録です。

 

なので「〇月×日の□□時に△△さんが来ました」という風に確認することができるんですね。

 

実際はwithに限らず大抵のマッチングアプリに備わっている機能ですが、アプリごとに機能が若干異なるので、今記事ではwithに特化して説明していきます!

 

 

マッチングアプリwith(ウィズ)で足跡って残すべき?残さないべき?

断言します、「足跡は残すべき!」です!!

 

なぜかって?

それは「私はアナタが気になってますよ」というアピールになるからです。

 

 

withのアプリ内でも上の画面が出てくるおかげで、「足あとのついている人は自分に興味がある=足あとリストの相手とはマッチング率が高い」ということは共通認識になっていると言ってもいいでしょう。

 

つまり足あとをたくさん残しまくると、より多くの人とマッチングできる可能性が高くなるということです。

 

ただし、中には残さない方がいい場合もあります。

それは

  • 毎日同じユーザーのプロフィールに訪問する。
  • 写真もプロフィールも無しで訪問する。

こういう場合です。

 

理由は単純に相手に「なんか怖い」と思われてしまうからです。

何度も同じ人から足跡がついていたら「ネットストーカーかな?」だとか、写真もプロフィールも無い人からの足あとはなんとなくどんな人かわからなくて少なからず恐怖心を煽るはずです。

 

そうでなければ基本的に足跡はつけておきましょう

マッチングしなければ出会いにも発展しません

 

足跡だけならポイントの消費もありませんし、ガンガン行きましょう!

 

マッチングアプリwith(ウィズ)の足跡はどこから確認できるの?足あと確認方法

足跡の確認方法は、マイページの「足あと」をタップすることであなたのプロフィールを訪問したユーザーの一覧を確認することができます。

 

一覧にページに表示される足跡は過去一週間分の間に訪問された記録が残ります。

 

また、同じ日に同じユーザーが訪問した場合は最新の足跡だけが表示されるようになります。

 

ただし毎日訪問した場合は同じユーザー名が並ぶようになりますので気をつけましょう。

 

マッチングアプリwith(ウィズ)の足跡を残さない(消す)方法

足跡の消し方ってあるの?

結論から言ってしまうと、「足跡を消す方法は無い」です。

 

一度足跡をつけたのなら、一週間は相手の「足跡一覧ページ」に残ります

 

気になる人がいたからと毎日相手のページに訪問するのは気をつけましょう。

 

同じ日の内でも何度も訪問しすぎれば

「あれ、この人ずっと足跡ページの上部にいるな…何度も来てるのかな…」

と気づかれることもあるでしょう。

 

足跡を残さない設定方法

気になった人のことは何度も見たい!!!!!

そういう好奇心旺盛な方は、初めから「足跡を残さない設定」にしてしまいましょう。

  • 「マイページ」をタップ
  • 「各種設定」から「足あと設定」をタップ
  • 「残さない」を選択し「更新する」をタップ

 

上記の設定変更をすることでどのユーザーのページを見ても、アナタの足跡は表示されなくなります

 

気になる相手を追いかけ続けたい方は、ぜひこの設定をオススメします!

マッチングアプリwith(ウィズ)はマッチングした後も足跡はつくの?

withではマッチング後であれば相手のページを訪問しても足跡はつかない仕様になっています。

 

流石メンタリズムを利用したwith、ユーザーの痒い所に手が届いてます。

 

相手と何十通もメッセージをしていると話題が尽きてしまったり、複数人と連絡していると「この人は何やってる人だっけ・・・」と迷ってしまいますよね。

 

そんな時に相手に足跡をつけると「あ、この人プロフ確認しに来たな・・・?」とか思われてそうとか深読みしちゃいません?僕はします。

 

なのでスクショを撮ったり、メモアプリに記録をつけたりしてるんですが、正直言って面倒で仕方ないです・・・

なにより「プロフィールが更新した場合に対応できない」という点が大きいです。

 

その場合、足跡がつかなくなるという仕様はありがたいですよね。

逐一相手のプロフィールを確認して話題を続けることができます

 

マッチングアプリwith(ウィズ)で何度も足跡をつけてくる人の目的はなに?

いいねを送ってくれていて足跡をつけてくる人

これは単純に「いいねが返ってこないから気になっている」ということでしょう。

 

2~3回ならまだしも、毎日足跡がついているようならマッチングする場合は少し警戒しながらの方がいいと思います。

 

いいねもなく何度も足跡がついている人

この場合だと3パターン考えられます。

  1. 単純に気になって何度も訪問している。
  2. 残りいいね数が足りなくていいねが押せない状態
  3. 写真が好みだったけどプロフィールで合わないと思い返った人

 

何度も同じ人のプロフィールに何度も訪ねる人は、男性に多く、女性にも稀に存在します。

自分の「いいね!」を使いたくない!

相手からアプローチされたい

という証でしょう。

 

2の場合は、いいねが「いいねが残ってないから相手から運よく送ってきてくれないかな」という最後のあがきかと思います。

 

3の場合は「この人可愛い(かっこいい)な~」と思いプロフィールに飛んだら、

別の写真や自己紹介などを見て「なんかあんまり好みじゃなかったな」と考えを改められてしまったのかもしれません。

 

ちなみにこれ、僕はよくこれやっちゃいます。

写真を見て可愛いなと思ってプロフィールに飛んだら、「あ、この人以前も趣味合わなそうだった人だ」と気づくパターンです。

 

僕の様に、単純にアナタの顔が好みの場合もあると思うのでいいねしたら簡単にマッチングできてしまうかもしれませんね。

 

マッチングアプリwith(ウィズ)の足跡は上手に使うといいね数が増えるって知ってた?足跡機能の上手な使い方

いいね数が少ない場合メリットとデメリット

女性会員の場合、写真もプロフィールも未記入の状態でいても100いいねくらいは集まるそうです。

 

というのも、いいね数が少ない場合、初心者と見られてライバルが少ないと思われるからなんですね。

 

なのでいいね数が少ないメリットは「ライバルが少ないと思われいいね数が集まりやすい」です。

 

ですが、デメリットもあります。

 

特にヤリモクは無知な初心者狙ってくる傾向にあるので注意してください。

 

一方マジメな出会いを求めている方からしたら「この人顔はいいけど、他の人よりいいね数低いし、何かしら欠点があるのかもしれない」なんてネガティブなイメージを抱かれてしまう可能性もあります。

 

いいね数が多い場合のメリットとデメリット

いいね数が多いと、先ほどの「いいね数が低い場合のデメリット」と反対の効果を与えることができます。

 

「この人はいいね数が多いし人気会員なんだ」「こんなにいいねが集まっているんだからいい人なのだろう」と無意識に好印象を与えることができます

 

これを心理学でポジティブ・ハロー効果といい、「他の面も良いだろう」と勝手に思い込んでしまうというものです。

 

学歴や年収を載せるのもハロー効果として活用できますが、人によっては嫌味っぽくとらえられてしまう可能性もありますので、アプリ内で最もわかりやすい「いいね数」を利用するといいでしょう。

 

ですがデメリットもあります。

あまりにも多くのいいね数を稼いでしまうと逆に怪しまれてしまうということです。

 

現在は使えませんが以前は「足跡自動巡回ツール」というものが横行しており、

ツールを使うと勝手にユーザーのプロフィールに足跡をつけることができ、マッチング数を爆発的に上げることができるというものでした。

 

今ではwithに限らずペアーズやomiaiでもアカウント停止の対象となったので、足あと巡回ツールの利用者はいないと考えてもいいですが、そういった不信感を与えてしまう可能性も考えられます。

 

足跡機能を使った効率的ないいね数の増やし方

前述した「足跡自動巡回ツール」が流行るのも頷けるように、たくさん足跡を残すほどいいね数は増えます。

 

いいね数が多いユーザーは人気のあるユーザーとして見てもらえる可能性が強まるため、マッチング率も上がります。

 

以上のことから、足跡機能の効果的な使い方は下記の三点です。

  • 非人気会員に足跡をつけまくる
  • いいね数を稼ぐ
  • 本命の好みの女性にいいねを送る

 

簡単にまとめるとこの流れです。

 

年齢が高めだとか、体形がぽっちゃりだとか、人気の低そうな条件で検索をして、表示されたユーザーに足跡を残しまくりましょう

 

また、withの女性ユーザーは積極的な傾向にある上、ライバルの少ないユーザーは女性自らいいねを送ってくれることがかなりあります。

 

また非人気ユーザーにアプローチする場合は、プロフィールやつぶやきに「いいねは必ず返します!」「メッセ返信率100%」など書いておくと効果的でしょう。

 

ですがこれは普通のユーザー、人気ユーザーにアプローチする際にはマイナス評価に繋がる恐れもあるので使い分けてください!

 

また、個人的な感覚ですが、あまりにも写真がキレイな人プロフィールがキチンとしすぎている人いいねが送りづらいです。

 

理由は「価値観が違いそう」「人気高そうだし他にもたくさんいいねもらってるだろう」「相手にされなさそう」という感情を抱いてしまうからです。

 

僕もそうですが、非人気会員にアピールする場合は少々「いけそうな雰囲気」を意識してみましょう。

あまりモテてなさそうなプロフィールで隙を作ることを意識するといいと思います。

あくまで「非人気会員用」です!!

 

本命の異性にアピールする際はキチンとしたプロフィール!

モテそうな写真を用意!!

 

そしていいね数に比例するように格好つけたら「きっと中身も良さそう!」と思ってもらえることでしょう!!

 

with(ウィズ)よりもいいねがもらいやすいおすすめアプリ

withでは思うようにいいねをもらえないという人に、withよりもいいねを多くもらえる可能性の高いマッチングアプリをご紹介します。

 

アプリを併用するとその分出会える確率も高くなるため、ぜひ無料登録してみてください。

気軽にいいねできるタップル誕生

tappleを無料ダウンロード
運営会社(株)マッチングエージェント
料金【男性】3,700円
【女性】無料
年齢層【男性】20〜29歳
【女性】20〜25歳
特徴趣味から始まる恋
目的カジュアル
恋活

タップル誕生は、スワイプ形式で気軽にいいねを送れるマッチングアプリです。そのため、特に女性はさばききれないほどいいねをもらえます

 

タップル誕生では、趣味やデート目的に合わせて相手を探します。メッセージもテンポよく返してくれる会員が多く、20代が同年代の恋人を探すのに最適なアプリです。

b-tapple

趣味でアピールできるPairs(ペアーズ)

Pairsを無料ダウンロード
運営会社(株)エウレカ
料金【男性】4,300円/月
【女性】無料
年齢層【男性】20〜40歳
【女性】20〜35歳
特徴国内最大級の会員数
目的恋活
婚活

ペアーズは国内No.1の会員数を誇るため、幅広い年齢層や普段出会わない人との出会えるアプリです。

 

ペアーズには、同じ趣味の相手が集まる「コミュニティ」があります。カテゴリー数はなんと10万個以上あり、いくつでも参加できるため参加するほど多くの会員の目に触れることができます

コミュニティで出会いの数を増やしつつ、自己紹介文で真剣度をアピールして理想の相手と出会いましょう。

b-pairs

真剣度が高いほど出会えるOmiai(おみあい)

omiaiを無料ダウンロード
運営会社(株)ネットマーケティング
料金【男性】3980円
【女性】無料
年齢層20〜30代
特徴恋活と婚活の中間
目的恋活
婚活

Omiaiは男性の月額料金が高めのため、より真面目に恋人を探している人が集まるアプリです。そのため年齢層は、結婚も視野に入れた出会いを求めている20代後半~30代が中心です。

 

Omiaiは人気会員にいいねが偏らない、つまり異性に表示される確率が平等に近いため、withでいいねがもらえなかった人もマッチングしやすいです。自己紹介文で自分を詳細にアピールすると、よりいいねをもらいやすくなります。

b-omiai

マッチングアプリwith(ウィズ)の足跡まとめ

いかがだったでしょうか。

 

足跡ひとつ取っても使い方次第で複雑な価値を生み出すことができます。

 

足跡だけ残してくる人も、この記事で書いたような戦略があっての行動かもしれませんね。

 

withを上手に利用して、確実な出会いを掴みましょう!

 

アナタにステキな出会いが訪れますように!

以上、バルーン編集部tomoでした!

 

with(ウィズ)とは

テレビにも出演している有名なメンタリストDaiGo監修の恋活アプリです。「心理学×統計学で運命より確実な恋愛へ」をコンセプトに運営しています。心理学と統計学からランダムに導き出される相手とはマッチング率が高く、理想の相手を簡単に見つけることができます。真面目なユーザーが多いため、真剣に恋したい人向けのマッチングアプリとなっています。 b-with