200人と会った婚活女子にインタビュー|出会い系アプリでハイスペック彼氏は作れる!

マッチングアプリで200人の男性と会い、歴代彼氏は弁護士や医者などハイスペックばかりという、婚活女子のゆゆさん

 

 

今回は、そんなハイスペ男性と出会いまくっているゆゆさんに、婚活のアレコレをお聞きしてきました。

ハイスペック男性と出会いたい女性
マッチングアプリを使ってみたい女性

必読です!

 

彼と別れたのをきっかけに婚活開始

──マッチングアプリで200人の男性とお会いしたとのことですが、そもそも婚活を始めたきっかけは何だったんでしょうか?

ゆゆさん:結婚しても良いかなと思える彼氏ができたんです。でも、彼が仕事の忙しさでだんだん変わっていって、最初の頃とは別人みたいになっちゃって…

その彼と別れて、視野を広くして真剣に婚活してみようと思ったのがきっかけです。

婚活用のノートで相手を記録

──200人とも会ってると、誰が誰だかわからなくなりませんか?

ゆゆさん:実は、婚活用のノートを作ってて。
相手の年齢職業居住地特徴などをまとめているので、誰が誰かわからなくなることはないです。

 

実際のゆゆさんの婚活用ノート

 

あとは、LINEの登録名に年齢・職業・居住地も加えてます。

──すごい徹底ぶり!でも確かに、ノートで記録しておくと客観的に相手を見れそうだし、良いかもしれません。

MEMO
  • 婚活ノートに相手の情報をまとめて整理
  • ラインの登録名は、
    名前+【年齢・職業・居住地】

メインで使っているのはwith

──使っているマッチングアプリは1つですか?

ゆゆさん:いえ、withがメインですが、ペアーズも使ってます。

Omiaiもたまに使いますね。

──withをメインで使っているのはどうしてなんですか?

ゆゆさん:心理テストがあってエンタメ性もあるので使いやすいし、ハイスペックで真面目な男性が多いからです。

──確かに、withの心理テストは楽しいですよね。withに比べてペアーズはどうですか?

ゆゆさん:ペアーズにもハイスペックな男性はいます。

でも、なんといってもユーザー数が多いから、
真面目な人から遊び目的の人怖い人までいると思うので、見極めが大変です。もちろんwithとか他のアプリにも危険な人はいますけど、何しろ分母が違うので…

MEMO
  • 使っているアプリは
    with・Pairs・Omiai
  • 真剣かつハイスペックな男性
    with
  • 色々な男性がいる
    Pairs

自分ルールを設けて安全に婚活

──ネットで出会うことに抵抗はなかったんですか?

ゆゆさん:それは最初は不安でした。

でも、自分でルールを設けて、変な人とは会わないように気をつけてました。

──ルールというと?

ゆゆさん:例えば、初デートは必ず明るい時間帯で、待ち合わせ場所は人通りの多いところにするとか、会う前になるべく相手の本名フルネームを聞いておくとかです。

──しっかりされてますね!
本名フルネームを教えてもらうのって結構難しそうですけど、どうして聞くんですか?

ゆゆさん:マッチングアプリはどうしても自己申告制だし、嘘をついている可能性もあるじゃないですか。なので、本名を言ってくれるかどうかで、ある程度フィルターをかけているという感じです。

あとは、本名がわかったら相手のFacebookをチェックしたり、資格職の人であれば資格サイトをチェックできるので、そのためというのもあります。

まあFacebookや資格サイトも所詮ネット上の情報なので、信じきらずに警戒してます。

──なるほど…ある程度は確認しつつ、それでも気を引き締めることが大事なんですね。

MEMO
  • 初デートは
    ①明るい時間帯にお茶orランチ
    ②人通りの多い場所で待ち合わせる
  • 会う前に本名を聞く

1日に4人と会うことも

──ゆゆさんは200人以上の男性とお会いしているとのことですが、どのくらいのペースでお会いされてるんですか?

ゆゆさん:コンスタントに会うというよりは、婚活するモチベーションが高いときに詰め込む感じです。

詰め込む時期は、休日は最低2人には会って、多い時は1日に4人と会ったりします。初めて会う人が朝昼で2人、2回目以降の信頼できる人と夕方、夜で2人という感じで。

──1日に4人…!相当ハードですね…
ということは、1人1、2時間しか話せなくないですか?

ゆゆさん:はい、あえてそうしてます。

2時間以上話すと、相手が満足してしまう可能性があるので、
「話し足りないからまた会いたい」と思わせるために、2時間以内で終わらせます

MEMO
  • 休日は1日に2~4人と会う
  • 1人につき2時間以内
    →「話し足りない」と思わせる

遊び人を避けて真面目な人と出会う方法

──初デートで夜に会わないのは、やっぱり危ないからですか?

ゆゆさん:そうですね。夜ってなるとお酒を飲む可能性が高くなるじゃないですか。

お酒をやたら飲ませようとするのは遊び目的だと思うので、
絶対に付き合うまではお酒は飲みません

──きちんとされてますね!他に遊び目的の男性の特徴とかってありますか?

ゆゆさん:家の場所を執拗に聞いてきたり、
家の近くで会おうとする人
は怪しいと思います。

あとは、筋肉自慢みたいなプロフィール写真の男性も、遊び人っぽい印象です。

──逆にゆゆさんがいいなと思う男性は、どんな人なんですか?

ゆゆさん:プロフィールでは、

  • 独身かどうか
  • フェイスブックの友人数
  • 写真が最新のものか/複数枚あるか/清潔感があるか
  • 真剣に婚活していることが書いてあるか

を見ています。

いくらハイスペックでも、愛がない人は嫌なんです。

なので、きちんと相手を探している人かどうかを見ます。

──プロフィールでは真剣さを重視されてるんですね。
マッチング後のメッセージでは、相手のどこを見てるんですか?

ゆゆさん:相手が自分の内面に興味があるかを見ます。

もちろん外見も大事なので気をつかっていますが、外見だけで好きになられると続かないことも多いし、この先長い人生共に深く信頼しあえる愛情深い人と出会いたいので。

なので、婚活で悩んでいる女性は、外見でも内面でも自信を持つといいと思います。

あとは、面白い人が好きなので、メッセージでくだけた話ができるかどうかも結構重要です。

MEMO
  • 遊び目的の男性:
    ①お酒を飲ませようとする
    ②家の場所を聞く&家の近くで会おうとする
    ③筋肉自慢
  • プロフィールでは相手の真面目度を見る
  • メッセージでは自分への興味を見る

プロフィールはポジティブに

──ハイスペックな男性とたくさんマッチされてるゆゆさんですが、どうしたらそんなに多くの素敵な男性と出会えるんですか?

ゆゆさん:自己紹介文は全体的にポジティブに、読む側の視点に立って書いてます。

具体的には、趣味や得意なこと、性格を細かく書いてます。細かく具体的に書くことで、相手に共感をしてもらって、つっこみやすくなるかなと。

それと、野球やお笑いなどのコミュニテイに入って男性的趣味をアピールすることで、「少しくだけた面白い話ができそう」と思ってもらえる工夫もしています。

あとはフェイスブックアカウントと連携していると、友達数が表示されるじゃないですか。私は割と友達数が多い方なので、それで信頼も得られるかなと思います。

──なるほど、信頼してもらうことも出会える秘訣なんですね。
写真で気をつけていることはありますか?

ゆゆさん:程よいアップの写真全身写真を複数枚載せてます。

自分が写っていない食べ物の写真とかは載せないです。自分が見たら、「それはいらない」と思っちゃうので(笑)

MEMO
  • 自己紹介文はポジティブに
  • 趣味や性格は細かく具体的に書く
    →相手との共通点が見つかる
  • 男性的趣味やユニークさをアピール
    →面白い男性と出会える
  • フェイスブックの友達数は信頼ゲットの鍵
  • 写真は自分のみ&顔と全身どちらも載せる

 

ハイスペック彼に告白させるテク

──マッチングアプリで付き合った男性は何人ですか?

ゆゆさん:10人ほどです。

──どんな方とお付き合いされたんですか?

ゆゆさん:医者弁護士など、いわゆるハイスペックな方が多かったです。

もちろんハイスペックかどうかだけじゃなく、相性の良い人柄を重視してますけど。

──医者に弁護士!ハイスペック揃いですね…ご自身が意識しているポイントなどあったら教えて欲しいです!

ゆゆさん:そうですね、デート当日は、相手を立てて褒めて、「私はあなたの味方です」という感じで話すと、相手に信用してもらいやすいです。

会った時の話題に困らないように、最新の話題とか色々な知識を日々取り入れて、会話の引き出しを増やしています。これは婚活以外のあらゆる場面で役にたちますし。

あとはいつも必ず、会う時間を作ってくれたことへの感謝を、相手に伝えるようにはしています。

服装も、清楚系だけどちょっと変わったアクセサリーをつけてみたりと、印象に残るのが大切だと思います。

──すごい徹底ぶり…!

ゆゆさん:追われるだけじゃなくて、相手と足並みを揃えて進んでいく感じのイメージで、

相手が自分に興味を示してくれた瞬間は逃さずに自分も興味があることを伝えると、相手も告白しやすくなりますよね。

好意をそれとなく伝えて、告白されやすい導線を作っておくと、だいたい向こうからアクションを起こしてくれます。

──なるほど…相手が告白しやすい状況を作るのが大切なんですね。

ゆゆさん:あとは、もしうまくいかなくても、落ち込まずに次にいくことも大切じゃないかなと。

付き合ってみないとわからないことはあるし、落ち込んでも次に進める余裕を常に持っておかないと、婚活は続けられないと思います。

私は婚活のおかげで、人見知りもほぼなくなったし、心臓に太い毛がフッサフサに生えるほど強くなりました(笑)

──なるほど…

ゆゆさん:ただ、ハイスペックの男性には、社会に出てから急にモテだしてやや高慢気味な人もいます。なので、そういう人は肩書きに惑わされず、すぐに切ります。

MEMO
  • 相手への好意をそれとなく伝える
  • 告白される雰囲気を自分で作る
  • うまくいかなくても落ち込まない
  • 肩書きに惑わされず切るときは切る

婚活はほどほどに

──マッチングアプリで婚活するメリットは何だと思いますか?

ゆゆさん:普段出会えない人と気軽に出会えること、その中から自分に合う人を見つけやすいことだと思います。

ただ、その一方で、どんどんのめり込んでしまう中毒性もあると思います。

なので、ほどほどに頑張るのがベストかなと。

──なるほど…では最後に、ゆゆさんにとって婚活に大切なことは何でしょうか?

ゆゆさん:私もまだまだ修行の身で勉強中ですが…

外側に騙されないで相手を客観的に見て、本当に良いと思う人以外はどんどん切っていくのは、なるべく早い段階でやった方がいいです。ずるずるいっちゃうと、婚活はうまくいかないですから。

ただ、たまに長く付き合わないとよくわからない人もいるので、塩梅が難しいですけど…人によって臨機応変に対応を変えるのがいいと思います。

こういうのは慣れだと思うので、婚活しながら自分の目を養っておくことが大事ではないでしょうか。

焦らない、流されない、自分の芯を持って独身でも楽しめるくらいでいる方が余裕を持てると思います。私も、別に無理に結婚しようとは思ってなくて、後悔したくないから行動しようと思って婚活を始めたので。これからどうなるか全くわからないけど心から笑っていられる人生を送りたいなって感じです。

──ほどほどに頑張るのが良いということですね。

ゆゆさん:婚活って続けていると、すごく精神的にきついと思うんです。

でも、婚活は孤独な戦いに見えるけど1人じゃないよ!というのを婚活を頑張っている全女性に伝えたいですね。

──なるほど。今回ゆゆさんのお話を聞いて、婚活ってつらいことばかりではなく、得られることも多いんだなと感じました。

ぜひ1人でも多くの女性に、前向きに婚活をしてほしいですね。

 

インタビューしてわかったこと

今回ゆゆさんにインタビューしてわかったことをまとめてみると…

  • 婚活用ノートを作って相手を整理すると便利
  • ラインの登録名にも相手の特徴を加える
  • withは
    ①ハイスペックかつ真面目な男性が多い
    ②心理テストなどエンタメ性あるサービスがある
  • ペアーズは会員数が多いぶん色々な人がいる
  • 自分用のルールをいくつか決めると安心
  • 会う前は相手の本名を聞く
  • 休日は1日に2~4人と会う
  • 初デートは2時間以内にして「また会いたい」と思ってもらう
  • 初デートにお酒は絶対NG
  • お酒の話題が多い・住所を聞いてくる人は遊び目的の可能性が高い
  • メッセージでは自分の内面を見てくれる人かをチェック
  • 自己紹介文はポジティブに・具体的に
  • 男性的趣味をアピールすると◎
  • 写真は程よいアップと全身を複数枚
  • デートでは相手を立てて褒める
  • 服装は清楚系だけど少し外す
  • 相手への好意はそれとなく伝えておく
  • 婚活はハマりすぎず、ほどほどにする

真剣でハイスペックな男性と出会いたい女性はwith

withを無料ダウンロード

メンタリストDaiGo監修のwithは、心理テストや性格診断などのイベントが盛りだくさん。
初心者にも優しいアドバイス付きなので、まだ始めてない女性はインストール必須!

withについて詳しくはこちら↓↓
with【完全マニュアル】マッチングアプリwith(ウィズ)とは|メンタリストDaigoが監修した?


たくさんの男性の中から選びたい女性はPairs

Pairsを無料ダウンロード

国内最大級の会員数を誇るPairs。
コミュニティも豊富なので、共通の趣味や価値観を持った人と出会えます。

Pairsについて詳しくはこちら↓↓
ペアーズ アイキャッチ【2019年最新版】Pairs(ペアーズ)で出会えるようになる完全攻略ガイド

今回お話を聞かせてくれたゆゆさんのツイッターがこちら。

ぜひフォローしてみてください!